期間限定・数量限定キャンペーン

2017-04-05

金正恩は2年以内にアメリカの軍事攻撃で抹殺されるのか?


北朝鮮という「ならず者国家」は、本来であれば崩壊して然るべき無法国家である。この国家は金(キム)一族の私物国家となり、今は三代目の金正恩(キム・ジョンウン)がやりたい放題の独裁政治を行っている。

国を困窮させながら核開発を急いでいるのは、核を持てば他国を恫喝できると共に自国を守れるからでもある。

北朝鮮は客観的に見ると弱小国家だ。

中国やアメリカが戦争を仕掛ければ、北朝鮮はひとたまりもない。しかし北朝鮮が核兵器を所有し、核の報復攻撃を行えば、どこの国も壊滅的なダメージを受けることになる。

だから北朝鮮がいったん核兵器を持つと、もはやこの国を攻撃することができなくなるのだ。北朝鮮がどんな弱小国家であっても、もはや攻撃できない。

北朝鮮の立場から見ると、一刻も早く核を持たないと他国を恫喝して生き延びている性格上、必ず他国に報復されて崩壊させられることを意味している。

そのため、金正恩は異常なまでの性急さで核開発を進めているのだが、この核ミサイルがアメリカまで届くようになるのは、あと2年ほどであると言われている。


いよいよ、北朝鮮を国家崩壊させる必要が出てきた


今まで周辺国が北朝鮮の存在を許してきたのは、北朝鮮がそれぞれの国で役に立ったからだ。

中国にしてみれば、北朝鮮を存続させて「緩衝地帯」にすることで、韓国に在駐するアメリカ軍と直接対峙を避けられる。また北朝鮮を暴発させることによって、中国の軍拡から日米の目をそらせることができる。

韓国にしてみれば、北朝鮮という脅威があることによって、アメリカをずっと韓国に釘付けにさせ、アメリカに延々と防衛させることができる。

アメリカにしてみれば、北朝鮮という脅威があることで、韓国や日本に兵器をいくらでも売りつけることができる。北朝鮮が暴発すればするほど儲かる。北朝鮮はアメリカの兵器産業にとってはなくてはならない存在だったのである。

そんなわけで、各国は北朝鮮という存在をそれぞれが自分の都合の良いように利用し、それによって利益を得てきた。

金一族の独裁政治は、史上最悪の人権弾圧を国民に強いているのだが、別に朝鮮民族がどうなろうと誰も気にしていない。それほど北朝鮮は取るに足らない存在である。だから今まで放置され続けてきたのだ。

しかし、状況が変わってきている。

北朝鮮が核開発と弾道ミサイルの技術を向上させると、この国は本物の脅威と化す。

そのため、中国もアメリカも今までのように「緩衝地帯だ」「兵器が売れる」などと悠長なことを言ってられなくなってきているのが現実だ。

北朝鮮が核兵器を完成させる前に、いよいよ北朝鮮を国家崩壊させる必要が生まれてきている。

本来であれば、この北朝鮮の国家破壊はバラック・オバマ時代に行わなければならなかったが、何もしない大統領だったオバマは北朝鮮がどれだけ傍若無人に暴れても、ただ見ているだけに終始した。

しかし、やっと何もしない大統領の任期が切れて、新しい大統領が登場した。ドナルド・トランプである。

金正恩独裁政権を崩壊させる軍事行動が起きる


ドナルド・トランプ大統領は、敵と見なした相手には絶対に折れないタイプである。また、そのまわりにも好戦的な人物で固めて対立や衝突を恐れない。

そして、トランプ政権は北朝鮮が数年中にアメリカを核攻撃する能力を有することを問題視しており、絶対にそれを阻止しようと動いている。

実際、トランプ大統領は北朝鮮の制裁を強化する法案を可決させており、北朝鮮に関わりのある銀行や貿易会社を3月から次々と制裁対象にしている。

さらに中国に向けては「北朝鮮問題は大統領にとっても政権にとっても喫緊の利益問題だ」と高官に語らせ、「あらゆる選択肢を検討する」と強調している。

2017年3月16日はティラーソン国務長官が日本に来日しているが、このときも「北朝鮮に対して非核化を求めた過去20年間の政策は失敗だった」と明言していた。

そしてトランプ大統領自身は中国に「北朝鮮の核開発を止めさせるためにあらゆる努力をせよ」と圧力をかけ続けている。しかし、もし中国が対応しないのであればどうするのか。

トランプ大統領は2017年4月3日、フィナンシャル・タイムズの記者に次のように答えた。

「もし中国が北朝鮮問題を解決しようとしなければ我々が行う」

対話によって北朝鮮に核開発を放棄させる試みは無駄だったとトランプ政権は明確なるメッセージを出している。その上でまず中国に「解決しろ」と要求している。

そして「中国がやらないのであればアメリカが単独でもやる」と言っている。

これが意味するところは「中国が北朝鮮を片付けろ。さもなければ、我々が軍事攻撃する」というものである。

北朝鮮が核兵器を所有することになるまでの期間は2年なので、場合によっては2年以内に、金正恩独裁政権を崩壊させる軍事行動が起きる確率が高まっているということだ。

北朝鮮の崩壊は、日本にとっては悲願でもある


北朝鮮が崩壊するのは日本にとって悪いことではない。北朝鮮は日本人を拉致し、日本人を激しく罵倒し、しかも日本を内部から侵略しようとしている危険国家である。

日本にはスパイ防止法がないことを良いことに北朝鮮は大量の工作員を日本の内部に張り巡らせ、日本国内で北朝鮮の体制を賛美するような反日の洗脳学校を運営している。

そしてこれらの反日の人間どもを、政治・経済・教育・報道・司法・自治体とあらゆる分野に張り巡らせて、朝から晩まで日本を貶め、日本の国益を損なうように動いているのである。

マスコミが激しい反日で染まり、一向に浄化できないのは、すでに日本の中枢が乗っ取られているからだ。

日本の内部は、中国・韓国・北朝鮮の工作員にいいように振り回され、まったく為す術がない。

こうした事実を表立って指摘する人間はみんな激しく攻撃され、人格も貶められ、ワナにはめられ、引きずり降ろされ、社会的に抹殺される。

今の日本は、そんな危険極まりない社会になっている。

こうした内部工作を国を挙げて進めているのが北朝鮮であり、そしてこうした活動や攪乱を最も得意としているのも北朝鮮である。

北朝鮮の脅威は、外部から飛んでくるミサイルだけでなく、内部からの侵食もある。

多くの日本人が今もってそれに気付かないのは、マスコミがまったくこのような事実を報じようとせず、逆に事実を隠蔽してしまっているからである。

この流れを断ち切るには、北朝鮮という国家を完全に跡形もなく崩壊させるしか方法はない。

日本に工作を仕掛けてくる北朝鮮という国家を崩壊させない限り、日本の内部工作は絶対に止まらないし、日本を愛する人たちはずっと叩き潰され続ける。そして、最後に完全に日本という国は乗っ取られる。

北朝鮮の崩壊は日本にとっては悲願でもある。中国がアメリカの圧力で北朝鮮を崩壊させるのか、それともアメリカが単独で崩壊させるのかは分からないが時期は近づいている。金正恩の抹殺と北朝鮮の崩壊は、日本にとっても世界にとっても歓迎すべき未来である。



対話によって北朝鮮に核開発を放棄させる試みは無駄だったとトランプ政権は明確なるメッセージを出している。その上でまず中国に「解決しろ」と要求している。そして「中国がやらないのであればアメリカが単独でもやる」と言っている。


お願い

ダークネスの本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。