期間限定・数量限定キャンペーン

2017-08-10

一刻も早く北朝鮮のような異常な国家が消滅することを望む


北朝鮮の度重なるミサイル実験で、アメリカのドナルド・トランプ大統領は2017年8月8日、「世界が見たこともない炎と激怒で対抗する」と公言した。

これに対して北朝鮮国営の朝鮮中央通信は翌日に「このように理性を欠いた人物との健全な対話は不可能」と自分のことは棚に上げ、さらに「同氏に対抗するには絶対的な力のみが有効だ」と述べて、こう付け加えた。

「北太平洋の米領グアム島周辺を中距離弾道ミサイル火星12で包囲射撃する作戦計画を慎重に検討する。アンダーセン基地を含むグアムの主要軍事基地を制圧・牽制し、米国に厳重な警告メッセージを送るためだ」

「近く、最高司令部に報告され、金正恩朝鮮労働党委員長が決断すれば、任意の時間に同時多発的、連発的に実行される」

グアムにミサイルと飛ばすということは、もちろん日本の上空を通過するということである。「島根県、広島県、高知県の上空を通過することになる」と朝鮮中央通信が報じている。

売り言葉に買い言葉で、トランプ大統領はついに「我々の核兵器を使わなくて済むことを望む」と核攻撃があることも示唆するようになった。


「いかなる軍事的な解決法も想像を絶する悲劇に」


今までトランプ大統領とは違って冷静に「体制の崩壊は望まない」と言っていたマティス国防長官もここに来て言葉のニュアンスが変わっている。

「北朝鮮は体制の終焉、および自国民の破滅につながるようないかなる行動の検討もやめる必要がある」

これは、核兵器の開発を止めないと、金正恩政権は崩壊するということをマティス国防長官自らが明確に明言したものであると捉えられている。

「アメリカは北朝鮮に対応できるが、いかなる軍事的な解決法も想像を絶する悲劇につながる」

2017年4月から北朝鮮とアメリカは激しい舌戦を繰り広げて来たのだが、当初はトランプ政権内部もアメリカのマスコミも北朝鮮に関しては慎重論が多かった。

トランプ大統領自身も、まずは中国に北朝鮮の暴走を止めさせるという現実的な路線を選択していた。

しかし、中国は100日経っても北朝鮮のミサイル実験を止められず、金正恩(キム・ジョンウン)の暴言も止めさせることができなかった。

トランプ大統領はもともと中国が約束を守れるとは思っていないとツイートを行っていたが、それでも中国にやらせたのはアメリカが「外交努力をした」という実績を積み上げるためだった。

いきなり北朝鮮を攻撃すると、2003年のブッシュ大統領のイラク攻撃のように、「大量破壊兵器はなかったのに外向的努力を放棄して一方的に攻撃を行った」と大きな反政権運動が起きるのは明白だ。

それを避けるには「どんな外交努力をしても無駄だった」という実績を積み上げる必要がある。

ドナルド・トランプ大統領も一見、好戦的に見えるが「アメリカは戦争したくない」と常々公言している。

トランプ政権の閣僚はみんな同じスタンスの発言を毎日のように繰り返している。今でも「東アジアに大きな被害が出るので戦争したくない」という姿勢を強調する。

すでにアメリカは北朝鮮と戦争するつもりなのか?


一方で、すでにアメリカは北朝鮮と戦争するつもりであることを示唆する報道も多い。

アメリカのNBCテレビも2017年8月9日、「北朝鮮に対する先制軍事攻撃の選択肢の一つとして、米空軍のB1戦略爆撃機による北朝鮮の弾道ミサイル発射基地などに対する精密爆撃を実行する準備を整えたと伝えた。トランプ大統領による命令があれば、いつでも実行できる状態にある」と報じている。

準備は整っているというのが重要だ。アメリカはいつでも戦争できる万全の状態にある。マティス国防長官もこのようにも言っている。

「米国と同盟国は世界で最も精密で熟練した強固な防衛能力と攻撃能力を持つ」

しかし、そうであってもアメリカは先制攻撃はなるべくしたくないように見える。

なぜなら、アメリカは常に「正義の側」にあることにこだわる国なので、自ら攻撃を仕掛けて「アメリカが先に殺戮に手を出した」と言われたくないからだ。

アメリカが常に望んでいるのは、「先に手出しにされたので、その復讐で戦う」というシチュエーションである。

「自分たちは何もしていないのに一方的に攻撃されて被害が出た。世界の平和のために自分たちが立ち上がるしかない」というスタンスがアメリカにとってベストなのだ。

その状況に持っていくにはどうしたらいいのか。

簡単だ。北朝鮮に徹底的な経済制裁を行い、窮地に追いやられた北朝鮮が自ら攻撃を仕掛けるように「誘導」するのだ。追い込んで暴発し、わざと被害を受けて、それから殺戮戦争に乗り出すのである。

北朝鮮と「対話の用意がある」と言いながら、対話できない条件を付けて実際には対話をしないように仕向け、経済的にどんどん追い込む仕事をしているのが、元エクソンCEOのティラーソン米国務長官である。

卓越した交渉能力と状況判断を持った老獪な交渉人であるティラーソン米国務長官は、最近も中国やアセアン諸国に北朝鮮制裁への強化を要請し、北朝鮮を追い込んでいる。

もう引き下がれないところまで来ているのか?


北朝鮮は、実際に戦争になったら自分たちに勝ち目がないことくらいは充分に承知している。

だから、北朝鮮はいつも「ソウルを火の海にする」「日本を火の海にする」と言いながら、実際には何もしない。海にミサイルを落として何かをやったように見せかけている。これが瀬戸際外交だ。

日本の領海にミサイルを落としても、日本は「遺憾の意」を表明するだけで何もできないので完全に舐めきっているのだが、もしグアムに落としたら、アメリカはどう出るのかは未知数だ。

アメリカは核兵器を所有しており、いざとなったら戦争も辞さない国である。

しかも、現在の大統領は血の気の多いドナルド・トランプなのだから、北朝鮮が単なるこけおどしのつもりで撃ったとしても、一気に戦争に突入する可能性もある。そして、その瞬間に北朝鮮という国は崩壊する。

では、北朝鮮はこのまま引き下がるのだろうか。いや、もう引き下がれないところまで来ているのではないかというのが大勢の見方だ。

北朝鮮には引き下がれない事情がある。

小国が潰されないためには核兵器を持たなければならないと北朝鮮は考えており、今や公然とそのように主張している。核兵器の開発や所有を断念するということは、それこそ体制崩壊になる。

かと言って、このまま核兵器の所有のために核実験やICBMの実験を繰り返すと、経済制裁によって体制崩壊に追い込まれることになる。

北朝鮮は、生き延びることを画策しながら自滅するしか道は残されていないのではないか。

いったん戦争になれば日本は必ず巻き込まれる。しかし、朝鮮半島のが消滅は、反日国家と反日民族の消滅である。

北朝鮮という国を完膚なまでに破壊し、世界の地図から吹き飛ばして痕跡すらも残さないようにするというのは、日本にとって悪い話ではない。

数年後、私たちは北朝鮮という異常で不快な国が消滅している世界を生きているかもしれない。一刻も早くそうなることを私は望んでいる。



ミサイル実験を繰り返す横暴な北朝鮮。北朝鮮という国を完膚なまでに破壊し、世界の地図から吹き飛ばして痕跡すらも残さないようにするというのは、日本にとって悪い話ではない。


お願い

ダークネスの本文を他サイト(キュレーションメディア、まとめサイト、個人サイトすべて)へ転載する行為は、いかなる理由があっても固くお断りします。